2019年 開催概要

日時 2019年10月30日~11月1日の3日間
会場 柏の葉オープンイノベーションラボ[KOIL] および 柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県・柏市)
主催 アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
共催 三井不動産株式会社
国立大学法人東京大学産学協創推進本部
一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
日本ベンチャー学会
公用語 英語

審査方法

(1)セミファイナル、ファイナルにおいて各企業がプレゼンテーションを実施。
(2)セミファイナルではエントリー企業がそれぞれ10分間のプレゼンテーションを行い、上位6社がファイナルに進出。
(3)ファイナルでは10分間のプレゼンテーションを行い、公正な審査のうえ各賞受賞者を選出。


審査基準

(1) 日本の大企業との連携の可能性
(2) 事業の革新性/経済的・社会的影響力 (世界経済・社会に変革をもたらす可能性、事業の拡張性)
(3) 事業の実行力 (競争優位性、マネジメントチーム、戦略の全体整合性、プレゼンテーションスキルを含むコミュニケーション能力)


各賞の内容

・優勝:賞金300万円
・準優勝:賞金100万円
・第3位:賞金50万円

・マイクロソフト賞:
Azure 無償利用枠、および、技術メンタリング
* Azure無償利用枠利用期間は開始から最大3カ月間で、2020年5月31日までの利用といたします。

・ライフサイエンス賞:
1.LINK-J会員権1年間分無料
2.受賞企業来日時サポート、Webによる来日告知、1on1 mtg設定支援、場合によってはレセプション開催など
3.BIOCOM主催グローバルパートナリングカンファランスに招待

・日本ベンチャー学会賞:賞金5万円
…日本ベンチャー学会より、問題解決が最もチャレンジングで、アントレプレナーシップ(”企業家精神”) に満ち満ちたチームに対し授与されます。

・IP Bridge賞:
超高齢化社会に貢献し、提供プロダクトが日本における実装可能性を秘めているベンチャーに対し、(株)IP Bridgeによる知財支援(2019年末までに最大3回)、および海外PR支援(海外イベントでの技術紹介等、諸条件をクリアし双方合意した上でのオプション)のサービスが贈られます。


参加ベンチャー企業要件

下記の要件をすべて満たすこと。
(1) 日本市場に具体的に興味があること、もしくは日本の大企業と連携したビジネス展開を強く望んでいること
(2) AI/IoT、もしくはメディカル/ヘルスケア分野のテクノロジーベンチャー企業であること
(3) POC(Proof of Concept)を終えており、具体的な顧客像に対しプロトタイプ、製品サンプル、モックアップ等でコミュニケーションをとることができる、アーリー期のステージにあること。
-設立年数および資本金額は問わない。
-VCによる増資を検討中あるいは増資済でも可とするが、上場済の企業は不可。
また大手企業の子会社は不可。
(4) 大学や研究機関、インキュベーション施設などにおけるベンチャー企業育成の責任者から推薦があること。
(5) 参加ベンチャー企業が、2019年10月30日~11月1日のすべてのプログラムに終日参加可能なこと。



2019年 プログラム

※プログラム内容・場所・時間は予告なく随時変更・更新していきますのでご了承下さい。

 

■プログラム :Day1

【限定公開:共催・協賛各社、後援、参加ノミネーション委員、参加ベンチャーのみ参加可能】

2019年10月30日(水)

 

会場①:柏の葉オープンイノベーションラボ[KOIL](千葉県・柏市)地図を見る

会場②:柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県・柏市)地図を見る


9:00-9:30

<KOIL 6F KOIL STUDIO>
オリエンテーション
9:30-10:00

<KOIL 6F KOIL STUDIO>
柏の葉プロジェクトのご紹介
10:00-12:30 柏の葉スマートシティツアー
12:30-14:00 ランチ休憩
14:00-16:30

<KOIL 6F A3 / KCC 2F Room3-6>
メンタリングセッション
エントリーした各国ベンチャー企業がグループに分かれ、各グループ内で10分間のプレゼン+15分間のメンタリングを受けます。メンターたちのアドバイスを受け、翌日のセミファイナルセッションに向けて、プレゼンテーションをさらにブラッシュアップしていきます。
16:30-16:45 休憩
16:45-17:45

<KOIL 6F KOIL STUDIO>
集合・セミファイナル組み合わせ決定
17:45-18:00 移動
18:00-20:30

<TBD>
ネットワーキングパーティ

 

■プログラム:Day2

【一般公開日】

*ネットワーキングディナーは主催・共催・スポンサー・後援各社へのみ公開となります

2019年10月31日(木)

会場:柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県・柏市)地図を見る


10:00-10:10

<KCC 2F Room1,2>
本日の予定説明
10:10-11:25

<KCC 2F Room1,2>
トークセッション:「日本から見たアジアのスタートアップ」

【モデレーター】各務 茂夫
 アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会委員長

・「(仮)現状のアジアのベンチャーの事情について」
 POH KAM WONG
 Professor, National University of Singapore (NUS) Business School

・「(仮)アジアベンチャーへの投資」
 山本 哲也
 株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)取締役 / パートナー

・「日本進出に関するJETRO支援策のご紹介」
 文 炯逸(むん ひょんいる)
 独立行政法人日本貿易振興機構 (JETRO) / JETRO対日投資部外国企業支援課

・パネルディスカッション

11:30-12:15

<KCC 2F Room1,2>
Alumni Speech:

William Chomley
IMAGR LTD Founder&CEO(ニュージーランド)
Li Min
ヒラソル・エナジー株式会社 CEO(日本)
12:15-12:30

<KCC 2F Room1,2>
セミファイナル組み合わせ確認、注意事項説明
12:30-14:00 ランチ休憩
14:00-16:30

<KCC 2F Room1-6>
セミファイナルセッション
エントリー企業が6グループに分かれ、10分間のプレゼンの後、15分間の質疑応答を行います。エントリーした全企業の中から、ファイナルセッションへの進出をかけた戦いが繰り広げられます!
16:30-18:00 休憩
18:00-20:00

<KCC 1F COMESTA>
ネットワーキングディナー
※主催・共催・スポンサー・後援各社へのみ公開

 

■プログラム:Day3

【一般公開日】

2019年11月1日(金)

 

会場:柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県・柏市)地図を見る


10:30-11:00

<KCC 2F Room5-6>
共催ご挨拶:

各務 茂夫
アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会 委員長
  國土 晋吾
  一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ 代表理事
11:00-11:20

<KCC 2F Room5-6>
特別協賛ご挨拶:
ヘニー ローブシャー
日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ事業本部常務執行役員
11:20-12:00

<KCC 2F Room5-6>
講演:

 
金井 良太
株式会社アラヤ 代表取締役社長

• 京都大学生物物理学科卒業。オランダ・ユトレヒト大学で実験心理学PhD取得。
• カリフォルニア工科大学にて、下條信輔教授のもとで視覚経験と時間感覚の研究に従事。
• 前英国サセックス大学准教授 (認知神経科学)
• 脳構造画像の解析において、世界的にリードしている。
• 2013年に株式会社アラヤを設立。

12:00-13:00 ランチ休憩
13:00-13:30

<KCC 2F Room5-6>
ファイナル進出企業発表
13:30-14:15

<KCC 2F Room5-6>
特別講演:「シゴトでココロオドル」

 

仲 暁子
ウォンテッドリー株式会社 代表取締役

 京都大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。退職後、Facebook Japanに初期メンバーとして参画。2010年9月、現ウォンテッドリーを設立し、ビジネスSNS『Wantedly』を開発。2012年2月にサービスを公式リリース。
Facebookでの経験を通して、ソーシャルメディアの可能性を肌で感じたことがWantedlyというサービスを思いつくきっかけとなる。ウォンテッドリー設立後、人と人が繋がることにより、個人の可能性を最大限広げるサービス作りに取り組む。

14:15-14:30 休憩
14:30-17:30

<KCC 2F Room5-6>
ファイナルセッション
セミファイナルを勝ち抜いた6社の企業が、プレゼン10分+質疑応答15分を行ないます。選び抜かれた先鋭6社のプレゼンで、AEAが最も盛り上がりを見せるセッションです!
17:30-19:00

<KCC 2F Room1-2>
マッチングセッション
19:00-21:00

<KCC 2F Room5-6>
フェアウェル・レセプション&受賞者発表

 








2019エントリー企業


2019受賞企業

アジア・アントレプレナーシップ・アワード2019 受賞企業発表

アジア・アントレプレナーシップ・アワード2019の全27社の出場企業の中から、10月31日のセミファイナルセッション、および11月1日のファイナルセッションを経て、下記のとおり受賞企業が決定いたしました。

2019年11月1日(金)22:00発表

■1位入賞企業:

 優勝賞金 300万円

Acumen Research Labs

シンガポール

ONG SIEW HWA

CEO and Founder

 

 

 

 

 

 

■2位受賞企業:

賞金 100万円

BioCheetah Pte Ltd

シンガポール

LEE KIAN CHUNG

CEO

 

 

 

 

 

 

■3位受賞企業:

賞金 50万円

Cavli Wireless

インド

JOHN MATHEW

CEO and CTO

 

 

 

 

 


特別賞

■マイクロソフト賞 受賞企業:

Azure 無償利用枠、および、技術メンタリング
* Azure無償利用枠利用期間は開始から最大3カ月間で、2020年5月31日までの利用といたします。

System Stone Company Limited

タイ

SITTIKORN NUALROD

CEO and Co-founder

 

 

 

 

 

■ライフサイエンス賞 受賞企業:

1.LINK-J会員権1年間分無料
2.受賞企業来日時サポート、Webによる来日告知、1on1 mtg設定支援、場合によってはレセプション開催など
3.BIOCOM主催グローバルパートナリングカンファランスに招待

BioCheetah Pte Ltd

シンガポール

LEE KIAN CHUNG

CEO

 

 

 

 

 

 

■日本ベンチャー学会賞 受賞企業:

賞金 5万円

日本ベンチャー学会より、問題解決が最もチャレンジングで、アントレプレナーシップ(”企業家精神”) に満ち満ちたチームに対し授与されます。

Acumen Research Labs

シンガポール

ONG SIEW HWA

CEO and Founder

 

 

 

 

 

 

■IP Bridge賞 受賞企業:

知財戦略立案支援など

超高齢化社会に貢献し、提供プロダクトが日本における実装可能性を秘めているベンチャーに対し、(株)IP Bridgeによる知財支援(2019年末までに最大3回)、および海外PR支援(海外イベントでの技術紹介等、諸条件をクリアし双方合意した上でのオプション)のサービスが贈られます。

Cavli Wireless

インド

JOHN MATHEW

CEO and CTO

 

 

 

 

 

■オーディエンス賞:

ファイナルセッション参加オーディエンスによる投票で決まりました。

System Stone Company Limited

タイ

SITTIKORN NUALROD

CEO and Co-founder

 

 


2019年 ノミネーション委員

AHMED RAZMAN ABDUL LATIFF – マレーシア

Associate Professor,
Putra Business School   

ALEX CARPENTER – オーストラリア

Startup Program Manager,
University of Sydney

ASAKO SAKURAI – タイ

Vice President,
JETRO Bangkok

KAYOKO SAWADA – シンガポール

Senior Director,
JETRO Singapore

K SURESH KUMAR – インド

Executive Director,
PSG-STEP

LINHE ZHANG – 中国

Director,
JETRO Guangzhou

MAKOTO SARATA – 日本

公益財団法人京都高度技術研究所,
地域産業活性化本部創業人材育成支援部次長

MIKE HANNA – ニュージーランド

Investment Manager,
New Zealand Trade and Enterprise

MOHAD HAZMI MANSOR – マレーシア

Assistant Director,
JETRO KualaLumpur

YUICHIRO EBISU – ロシア

Director,
JETRO Moscow

YULIA TOLKISHEVSKAYA – ロシア

Head of International Projects,
Skolkovo Foundation

DON JYH-FU JENG – 台湾

Associate Professor, DBA Director,
Graduate Institute of Technology, Innovation & Intellectual Property Management National Chengchi University

FUMIHIKO MORI – 日本

Managing Director, Chiba Industry Advancement Center
Director, Tokatsu Techno Plaza

FUMIHIKO UCHIDA – 日本

筑波大学 教授
国際産学連携本部

JUASRIKUL SAKDIPON – タイ

Dr.
IDE Center, University of the Thai Chamber of Commerce

KATSUYA HASEGAWA – 日本

Project Professor,
The University of Tokyo

KEVIN YANG – 中国

Senior Investment Manager,
Ray VC

LE THAI PHONG – ベトナム

Associate Professor, PhD, Dean,
Foreign Trade University

NOBUYUKI NITTA – 日本

CHIEF DIRECTOR,
DAI-ICHI KANGYO CREDIT COOPERATIVE

POH KAM WONG – シンガポール

Professor,
National University of Singapore (NUS) Business School

TOMOTAKA GOJI – 日本

Managing Partner, President
The University of Tokyo Edge Capital Co., Ltd.(UTEC)

GYEWAN MOON – 韓国

Professor,
School of Business Administration, Kyungpook National University

TOTOK HARI WIBOWO – インドネシア

DR,
Coordinating Ministry for Economic Affairs (CMEA)

2019審査員

山下 和則

三井不動産株式会社
柏の葉街づくり推進部長

國土 晋吾

一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
代表理事

イェスパー コール

ウィズダムツリー・ジャパン株式会社 CEO

百合本 安彦

グローバル・ブレイン株式会社
代表取締役社長

マイケル アラファント

フュージョン・システムズ・ジャパン
会長兼グループ最高経営責任者

コーポレートジャッジ企業

EY新日本有限責任監査法人

KDDI株式会社

三井不動産株式会社

オムロン株式会社

パナソニック株式会社