Ministry of Movement Pte Ltd (aka SWAT)

 SWATは需要対応型で高性能ライドシェア技術に集中しているハイテクモビリティカンパニーである。乗客が予約を入れた位置に基づいて車両の経路を動的にマッチできる一流のルーティングエンジンにより、各市町村の自治体はソフトウェアを活用し公共交通を最適化し交通状況の改善を図ることができる。SWATはシンガポールとシドニーで導入されており、近いうちにASEAN地域の各都市にも導入される予定である。また、SWATは会社員の通勤にさらなる利便性をもたらし効率の向上によるコスト削減を実現するために自社の技術を活用している。

JARROLD ONG
CEO and Co-founder

Nominated by

Managing Partner, President
The University of Tokyo Edge Capital Co., Ltd.(UTEC)
 SWATはシンガポールを拠点とした大手オンデマンド型バスサービスのプラットフォームプロバイダーである。SWATは運用能力が証明されている高性能ダイナミックルーティング計算機能における世界で最も優れたアルゴリズムを有している。シンガポールのLTA(陸上交通庁)との試験に成功しており、SWATの顧客には政府や公共交通機関、さらにシンガポールやオーストラリアなどの民間企業が挙げられる。SWATは直近でも、シンガポールの輸送会社であるComfortDelGro Groupや東京大学エッジキャピタルなどからの資金調達に成功している。SWATはアジアへ事業を拡大させる予定であるが、これにはモビリティに関する多大な社会問題に直面している日本も含まれ、高齢化が進んでいる社会においてSWATのようなサービスに対する需要は大きい。SWATのオンデマンド型バスプラットフォームはアジアの先進国と途上国両方に便利で経済的なモビリティサービスを提供し、アジア地域の新しいスマートシティにおける重要な構成要素となるだろう。