Warden Machinery/Machine Vision LLC

 Warden Machineryはリトアニアにも事務所を設立しているロシア発のスタートアップで、マシンビジョンベースのソリューションのシリアルR&Dやインテグレーションに特化しており、品質管理、選別やセグメンテーション、手動サービス労働管理と拡張、コンプライアンス管理、安全性・セキュリティモニタリング、ロボティクス、オートメーションなどの産業用途を手掛けている。簡潔に述べると、弊社は可能なところで製造やサービスの手順を最適化し、必要不可欠なところではコンプライアンス管理やサポートを補強し、クライアントが少ない資源でより多くのことを、すなわち消費するエネルギー・材料・労働時間を減らしつつより多くの成果を得られるようにサポートする。
弊社では人間行動アナリティクス、複雑な工学システムにおけるビジュアル欠陥検知、AIベースの産業用ロボットのリアルタイムビジョンシステムと3つの主な事業領域を掲げている。弊社のニューラルネットワークはGPUサーバーやエッジコンピューティングアーキテクチャでも作動する。
我々のチームはコンピューター科学やロボティクスの分野における16名の博士号取得者や博士課程レベルの研究者によって構成されている。
また、Hager GroupやSchneider Electricなどの大手企業が主催するスタートアップのコンテストにより国際的な認知度も上げてきた。バックエンドの技術に集中していることから、SAP CIS&SE、Schneider Electric、Pricewaterhouse Coopersなどの戦略的な産業パートナーへ営業やマーケティングをアウトソースすることでスケールアップを目指す。

MIKHAIL KIRIUKHIN
CEO

Nominated by

Director,
JETRO Moscow
 Warden Machineryは安全性のための人間行動モニタリングを含むAIベースのビデオ分析サービスを提供している。 既にロシアをはじめとする複数の国々で大手企業をサポートしている。