AcroViz Inc.

 AcroViz は人間の健康な期間を延長し最先端技術により認知症を撲滅することを目指し、脳健康を対象とした新規画像バイオマーカーを開発している。 著名な学術機関に所属していた研究フェローや経験豊富な業界の専門家らによって構成されている我々のチームは科学研究や臨床的な意義と応用、さらに我々の技術の商業化を前進させ広いインパクトの実現を目指している。弊社の最初の製品であるAcroViz Axonal Brain Age – Brain Health Report は市場初のものであり、拡散強調磁気共鳴画像(MRI)と機械学習技術を組み合わせることで正確かつ客観的に脳の健康状態を評価し、アルツハイマー病(AD)などの認知症のリスクや予後を予測するための軽度認知障害(MCI)マーカーとして活用できる。AcroViz は先進的な神経画像技術を用いて認知症を撲滅することを目指しており、現在医療機関や薬剤会社、医療器具会社などと共に各種臨床試験に取り組み、MCI患者における介入の効果の検証を試みている。

RUFEN CHEN
Co-founder and President

Nominated by

Associate Professor, DBA Director,
Graduate Institute of Technology, Innovation & Intellectual Property Management National Chengchi University
 「脳の磁気共鳴画像や最先端技術を活用して正確で客観的な脳健康の測定値を提供すること」をミッションに掲げるAcroViz Technology は新たな画像バイオマーカーの活用により認知症を撲滅することを目指しているスタートアップである。創業チームは「サイエンス」誌への出版が元で結成された学術科学者グループであり、「Axonal Brain Age」を開発している。 これは拡散強調磁気共鳴画像と機械学習技術を組み合わせた初の製品であり、アルツハイマー型認知症への転換を予測する軽度認知障害(MCI)マーカーとして活用できる正確かつ客観的な脳の健康状態を評価する。
世界的な高齢化が加速化するにつれ認知症による医療費や社会的なコストは膨大になりつつあり、これまで良好なソリューションもなかったものの、AcroViz は先進的な神経画像技術により認知症を撲滅することを目指している。AcroViz のビジョンは人間が「より良い脳の健康と長い健康期間」による恩恵を受けることである。