Exergy Power Systems, Inc.

 Exergy Power Systems, Inc. は再生可能エネルギー資源による電力において突然発生する変動を柔軟に調整するIoTソリューションを提供している東京大学発のスタートアップである。太陽光発電や風力発電による電力は雲や風の影響により常に変動している。電力系統における再生可能エネルギーの割合が大きくなるにつれて、再生可能エネルギーによる出力の突発的な喪失を防ぐ従来の方法が利用できなくなる。突発的な変動に対応するための新たな方法を開発し、柔軟性サービスとしてソリューションを提供している。柔軟性サービスは特に化石燃料から再生可能エネルギーへのエネルギー移行に取り組んでいる国や地域において特に必要となっている。弊社は専用蓄電池を活用する次世代エネルギー貯蔵システムの開発と製造を手掛けている。弊社の畜電池は優れた高速充放電特性と耐久性を有しており、グリッドに再生可能エネルギーを接続した際に電力系統を安定させることができる。現在、MWクラスのエネルギー貯蔵システムの実証プロジェクトをヨーロッパとハワイで実施している。

MIKE MUSIL
CEO

Nominated by

Project Professor,
The University of Tokyo
 Exergy Power Systems, Inc. は再生可能エネルギー資源による電力において突然発生する変動を柔軟に調整する柔軟性サービスを提供している。同社は東京大学で開発された畜電池技術に基づいて設立され、電力会社と対象としたIoTソリューションへと製品を拡大し、蓄電池系と非常用発電機やエネルギー網を組み合わせている。化石燃料から再生可能資源への移行は不可避であるため、電力量の変動が電力会社にとって重要な課題となりつつある。柔軟性サービスの提供による電力系統の安定化による社会的なインパクトは非常に大きい。