Cavli Wireless

 Cavli WirelessはIoTビルディングブロックのプロバイダーであり、接続性やアプリケーションの処理能力、データ管理などを単一のプラットフォームにまとめている。Cavli Wirelessは産業用携帯IoT接続性の設計と製造を手掛け、シームレスな携帯IoTの実装や世界中の様々なIoTアプリケーションを伴う素早い製品展開を実現するモジュールを計算している。Cavliのスマートモジュールには全て世界的な携帯接続性と統合型eSIM機能を搭載しており、GSMA認定済みのeSIM提供システムによって運営されている。これにより弊社の顧客が魅力的な携帯電波によるデータ料金を世界中で楽しむとともに弊社独自のプラットフォームであるCavli Hubbleを通じた楽な展開とサブスクリプション型の管理も利用できる。GSMA認定済の「コネクティビティ・アズ・ア・サービス」プラットフォームとネイティブな接続性ハードウェアにより、世界規模で各国の電気通信事業者と共にグローバルスケールを促進させ、世界中のIoT製品メーカー とも取り組んでいる。弊社独自のハードウェアにおけるスタック埋め込みにより、リアルタイムで複数のデバイスの実績パラメーターを監視している自社接続性プラットフォームと交流することが可能となる。このインテリジェンス層により、遠隔診断などデバイスの実績に関する複数のパラメーターを自動化でき、手動による介入の必要性も減る。弊社ではバリューチェーン上で数多くの分断したプレーヤーが存在する業界において包括的なソリューションを設計している。

JOHN MATHEW
CEO and CTO

Nominated by

Mentor,
Zone Startups
 IoTは2020年代の最も破壊的な技術の1つとなるだろう。IoTを現実のものにするためには基本的なビルディングブロックが欠かせない。Cavli Wirelessは革新的な現場IoT ビルディングブロックのスタートアップである。基本的にはCavliはハードウェア会社でもありソフトウェア会社でもあるが、ソフトウェアが重要な差別化要因である。CavliのハードウェアはIoTを認識する機器(冷蔵庫、自動車、産業装置など)の中に入り、接続性やデバイスの制御機能を提供する。このモジュールはある程度の計算処理能力も有しているため、ハードウェアの製造業者がデバイス上にアルゴリズムを実装できる(例えばIoTコミュニケーションの暗号化など)。また、これらは業界内で現れつつある基準に非常に積極的に従っている(GSMAなど)。ソフトウェアとCavli Hubbleと呼ばれる管理可能機能を通じて管理性の詳細(携帯電波への加入やコミュニケーションのコストなど)を扱うことでIoTのロールアウトが各段に容易になる。Cavliは既に産業用冷蔵庫や電力消費量の自動計算機などを開発しているスリランカのDialog Telecom社など良好な顧客トラクションを得ている。日本や日本のコングロマリットがIoTの首都として台頭しつつあることも踏まえ、Cavliが日本にも関わることで得られるメリットは大きいだろう。