Aware Groupは2016年9月にデータ・AI企業として法人登録した。同社は最初からサービス収益によりブートストラップしチームを成長させるとともに商品開発の資金を調達してきた。現在20名以上の職員がニュージーランドにおり、米国やシンガポールのチームも拡大しつつある。
Aware Groupはマイクロソフト(グローバルレベル)などの業界パートナーとも深いつながりを構築し、世界中の大規模な顧客への アクセスを得ている。これらのネットワークは特にAware Groupが業界について理解を深めるために重要であるが、商品の販売チャネルの構築にとっても重要である。Aware Groupは2019年に最初のソフトウェア・アズ・ア・サービス商品である「Aware Cognitive Platform (ACP) 」をリリースしたが、これらのネットワークは非常に役に立っている。
ACPにより、顧客はそれぞれの事業においてAIを素早く展開しその価値を実現できる。Aware Groupは人数カウント、ナンバープレート自動認識、オーディオ分類機能などをはじめとして、顧客シナリオをサポートするため数々のACPモジュールを構築している。また、Aware Groupは技術のパイロット試験を数多く実施しており、現在生産デプロイメントに向けて商業化を進めている。

JOURDAN TEMPLETON
CTO

Nominated by

Investment Manager,
New Zealand Trade and Enterprise
 Aware GroupはニュージーランドではAI特化型ソリューションのリーダーと見なされている。若手スタートアップ会社である(2016年設立)にもかかわらず、同社のチームはアジア太平洋地域においてマイクロソフトにとって欠かせないパートナーとしての地位を確立し、マイクロソフトの(アジア太平洋地域の)顧客を相手にAIに関するワークショップを70回以上開催している。これによりハイパーグロースモードに入り自社ソリューションについて法人顧客を高スピードで獲得しており、目覚ましい収益の成長を遂げている。チームは若くモチベーションも高く、それぞれの専門分野について多くの知見を有しコーチングもできる。
Aware GroupはニュージーランドでAIイノベーションセンターの開設を狙っており、AIやその可能性についてさらに理解してもらうため60校ほどの学校による訪問とセンターでの交流を目指している。これにより強い社会的な要素が加えられ、Aware Groupの全体的に推薦の重み付けとなっていると考える。