PLIMES Inc

PLIMES株式会社は、筑波大学人工知能研究室・サイバニクス研究センター・附属病院未来医工融合研究センターの研究成果を社会に還元する、大学発スタートアップ企業として創業されました。
PLIMES株式会社の経営者で共同創業者でもある鈴木健嗣(博士(工学))、下柿元智也(博士(工学)・修士(医科学))、Dushyantha Jayatilake(博士(工学))は、それぞれヘルスケア技術やロボティクス技術の開発において15年以上の経験を有します。また、上記3人とともに経営を担う仁田坂淳史(株式会社ZINE代表取締役)は、成功した複数のスタートアップ企業をローンチした経験があり、現代のメディア戦略を活用するノウハウを持っています。さらに、ニーズに対して技術を正確に適合させるため、我々は包括的な医療諮問委員会を設置しています。我々は人々の主体的な活動をテクノロジーによって支援し、自立した生活を促すことを目指しています。これは、科学を社会実装する取り組みを世界に広げるとともに社会問題を解決し、少し良い未来のため人々の生活をシンプルにするというチャレンジです。ビジョンにある「シンプル」とは、簡単・単純なという意味だけでなく、モノやコトの本質を追求するという意味が含まれます。ここでは、人々のライフスタイルを変革する新しいテクノロジーのイノベーションと未来開拓に取り組みます。

DUSHYANTHA JAYATILAKE
CTO & Co-founder

Nominated by

筑波大学 教授,
国際産学連携本部
当社は、筑波大学の知的財産活用モデルケースとして、研究結果に基づき教職員自身が設立したベンチャー企業で、急速に成長を遂げています。人工知能技術やロボティクス技術を活用した嚥下測定技術は高い評価を得ており、人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)に貢献します。この技術は、日本の医療業界の未来を支える重要な技術であるため、我々は大きな飛躍を成し遂げたいと考えており、当社を強く推薦するものです。