Epigno Systems Corporation

当社の中核的な製品は、病院向けのAIベースの手術室(OR)マネジメントシステムです。病院はマネジメントの劣化や、長時間労働による医師や看護師のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)低下に直面しています。また、ORをめぐるワークフロープロセスの非効率性によって、患者の待ち時間が長期化しているとみられます。当社のAIプラットフォームは、各手術を適切な時間帯に割り振り、残業を削減し、患者の待ち時間を根本的に最小化することによって、手術とスタッフのスケジュールを最適化することができます。当社がORに注目した理由は、日本の病院における収益の70%と費用の40%がORから生じており、ORが病院経営の中心となっているためです。当社の知る限り、同様の製品やサービスを提供する企業は日本に存在しません。しかし、富士通やNECなどのIT企業は従来型のORマネジメントシステムを提供しています。当社のSaaS製品には、月額制のサブスクリプションモデルを導入しています。
当社は早期導入者(アーリーアダプター)や有料顧客をすでに獲得しました。戦略の次の段階として、当社製品を日本全国に拡大するため、全国的な医療機器販売業者と提携することを計画しています。

FUMIYOSHI INUI
CEO

Nominated by

Assistant Manager,
TOHOKU University Venture Partners Co., Ltd.
AEAに参加する理由は3つあります。
1. AEAは当社の知名度を上げる絶好の機会の1つであると考えるため。
2. 当社の目標はアジア地域の他国に事業を拡大することであり、AEAがその出発点になり得ると考えられるため。
3. 当社はすでに学術界と提携しており、業界で地位を確立した企業と共同で開発・販売を行う段階にあるため。
したがって、新たな提携関係を構築することにより、当社の開発プロセスを加速し、製品をより高度化したいと考えています。AEAは当社にとって、事業アイデアの検証を深め、新たな提携関係を築く素晴らしい機会となるでしょう。