Country:
Years:
Category:

Langzou Technologies

Langzou Technologiesは最先端の3Dコンピュータービジョンやコンピューターグラフィックスを開発しており、それらの上にスマートシティのプラットフォームを構築している。弊社のシステムは一連のIoTアプリケーションと併せたデジタルツインのソリューションを通じて政府やキャンパス所有者、建物などにサービスを提供している。これらのソリューションを通じて都市規模から建物規模までの空間管理を各段に効率のよいものにしている。Langzouのビジョンは事業者が自信を持って運営できる安定した空間管理システムを構築することである。

企業詳細はこちら→

FUTURUN TECHNOLOGIES

ジェットスピードでの都市化と産業化によって引き起こされるライフスタイルの向上は時としていくつかのひび割れを見せる。人々をそのルーツから遠ざけてしまう変化は人体にも悪影響を与えうる。その1つが高血圧である。高血圧は長く続くと心不全や脳梗塞、末梢動脈疾患、慢性腎臓病などのさらに厳しい疾患へとつながってしまう恐れがある。高血圧に対応するために数々の製薬会社が抗高血圧薬を開発し販売している。これらの薬は主に高血圧または緊張を下げ、心筋梗塞や脳梗塞が発症する確率を下げる化学薬品である。我々の血圧レベルに注意を払うことは健康な心臓や内臓機能のためにも非常に重要である。適切に監視し維持しなければ、高血圧や低血圧はあらゆる健康リスクへとつながってしまう。
非放射性アルファ・ベータ・ガンマ線、非毒性、非導電性、非移行性、非磁性といった特性を有する弊社のSmart Intelligent Materialsは血圧を安定させることができる。膏薬内の含浸した材料による独特の化学作用により、血液の低周波数振動を発し血液循環を改善させる。

企業詳細はこちら→

Crowdrender

空き家や空き部屋の活用を促すAirBnBのようなシェアリングカンパニーと同様に、弊社は十分活用されていないコンピューターの利用を支援している。これらのコンピューターはクラウドや寝室、オフィスなど、世界中の至るところにある。弊社は誰でもシンプルに利用できるよう、これらのコンピューターへのアクセスを提供している。我々は効果的に計算能力へのアクセスを売っているが、コンピューターは所有していない。

企業詳細はこちら→

Rehab Happy Walk

世界中で800万人以上もの人々がパーキンソン病(PD)の症状であるすくみ足に悩まされており、歩行や難しくなっているだけでなく転倒のリスクや恐怖、鬱病のリスクも高くなっている。PDの患者数は60歳以降は1/100であり、社会の高齢化に伴い患者の数も増えている。Rehab Happy Walkはリハビリテーションを専門とし発明家でもあるピーラヤ博士と、社会の負担によってではなく自立して生活することでPD患者の生活の質を高めることを目指すチームによって設立された。
弊社のソリューションは臨床研究における患者や介護者のフィードバックに基づいて開発し検証した。本製品は特許申請中であり2019年には立ち上げられるとともに改善を続け、2020年までには第2バージョンを発表する予定である。弊社の市場計画ではまずマヒドル大学病院2棟、同地区にある病院6棟、およびタイ医療学会とのコラボレーションを通じてタイに集中する一方で、タイと同様に日本も完全な高齢化社会へ移行しつつあることを踏まえ、国際的に拡大するためにも日本との提携を目指す。PD患者は2020年までに150,000人にまで上る見込みである。弊社の2020年度の収益は$ 140万であり2023年には$1000万まで上昇する一方で、NPVは割引率40%として$54万となりIRRは80%である。
弊社では我々のビジョンに参加し共に前進できる投資家や提携企業を探している。

企業詳細はこちら→

uHoo Pte Ltd

弊社は人々が生活している環境や、それが日常においてどのように人々に影響しているのかを知ることの重要性を創出し、環境や健康、福祉の改善に向けて必要な行動を指導できる商品やサービスを開発することで全ての人の健康や福祉を改善することを目指している。

企業詳細はこちら→

BioCheetah Pte Ltd

 BioCheetah Pte Ltd (Co. Reg. No. 201803287H) はシンガポールを拠点としたA*STAR-IMCBのスピンオフである診断会社である。BioCheetahは主に非侵襲的で蛋白質ベースの診断アプリケーションの開発と商業化を行うために設立された。開発段階にある最初の診断アプリケーションはBioCheetahの科学創業者(Jean-Paul Thiery教授)と共同創業者兼最高経営責任者(Kian-Chung Lee博士)がIMCBで発見し開発した専用の膀胱がんバイオマーカーと検出抗体に基づいている。膀胱がんバイオマーカーと検出抗体の知的財産権は両方ともA*STARからライセンスを取得している。今後開発予定の製品には業務用in-vitro診断ELISAやポイントオブケア検査(POCT)キットなどが挙げられる。これらのキットは膀胱がんの診断と監視に向けて高感度かつ高特異性を有する尿ベースの新規マルチプレックスバイオマーカーパネルを採用している。BioCheetahが狙う市場は国内および海外の公共および民間医療プロバイダーである。BioCheetahは現在シンガポールJTC LaunchPadにあるBlock 79にISO 13485生産施設を建設中であり、診断製品の開発と生産に向けて品質管理システム(QMS)を設置しているとともに、SingHealthや海外の病院と開発予定の膀胱がん診断製品の臨床的な検証について議論を進めている。

企業詳細はこちら→

Advent Access Pte Ltd

Advent Accessは医療テクノロジースタートアップであり、末期腎臓病の管理に注目している。スタンフォードStartXカンパニーでA*STARのスピンオフでもあるAdventのミッションは透析コストを大幅に削減し腎臓不全を患う患者の生活の質を回復させるためのイノベーションを開拓することである。弊社の初の製品はav-Guardian™と呼ばれ、バスキュラーアクセスの信頼性を改善させ、痛みを抑えた自己カニューレ挿入を実現し、長期的にはバスキュラーアクセスに関連する入院を抑えることを目指したインプラント技術である。av-Guardian™は患者が安全かつ安価に血液透析を自宅や新しいケア環境で自ら実施することを実現するAdvent Accessの透析器独立型プラットフォームの重要な構成要素である。
Advent Accessに関する詳しい情報は http://www.adventaccess.com/ よりご確認いただける。

企業詳細はこちら→

Hachi Tama Inc.

Hachi Tamaは「Toletta®」と呼ばれるスマートIoT猫砂を手掛けており、簡単で便利に綺麗にできるように尿と糞を分離するため、異なる層が設けられている。本システムは、直接察知できない慢性腎臓病などの猫の健康状態の異常の検知にも適している。慢性腎臓病は猫全頭のうち30%が患っている不治の病であり、猫の死因としても最も大きいものの1つである。この病気の早期症状には尿量の増加や体重の減少などが挙げられ、tolettaが同時に測定できるものである。また、カメラや顔認識技術を通じて様々な猫を区別し、特定の猫の情報をアプリで確認することができるようになっており、同社の製品は仕事で忙しい生活を送っている者や、高齢者などペットの世話をするための元気が限定的な人にとって便利である。Hachi Tamaの技術は早期検出による飼い猫の早い治療をもたらし、幸せなネコライフを送れるよう猫の寿命を延ばすことができるという点においてペット業界の中でも非常に独特かつ革新的である。

企業詳細はこちら→

Examly

Examlyはコーディング/プログラミングスキルを教えるために設計された学校や大学向けのAIを活用したプラットフォームである。Examlyはプログラミングコースを教えるために必要な学習コンテンツ、練習問題、評価も提供している。Examlyはさらに学校や大学で教える上でスキルが不十分な教員が自身のスキルを向上させる上で役に立ち、そこから学生に教えるためプラットフォームを利用してもらっている。プラットフォームのAIエンジンが独特の学習パスを学生1人1人に向けて作製し、それぞれの理解度に応じて練習問題を適用させ、少しずつレベルを上げていくようゆっくり指導する。データはリアルタイムで教員に提供され、それに基づいて教員も学習スピードが遅れている学生の指導に効果的に集中できる。また、Examlyは教員が独自のコンテンツを追加したり課程をカスタマイズできる便利なコース編集ツールも用意している。弊社プラットフォームは現在BITS Pilani、VIT大学、Chitkara大学など、100校を超えるインドのトップ大学が採用している。これらの大学では課程カリキュラムと併せてプラットフォームを活用し、教育や学生の評価の役に立っている。現在、インド全国で6万人を超える学習者がプラットフォームを利用している。

企業詳細はこちら→

SmartPeep Pte Ltd

SmartPeepはAIによりバーチャルな高齢者シッターシステムを提供し、リスクを抱え助けを必要としている高齢者の監視や対応において介護者を支援するため優良な高齢者ケアを提供するというミッションを掲げている。SmartPeepは向こう5年の間にアジアにおける膨大な高齢化人口市場に浸透していこうとしている。同社は2017年10月に機械学習とパターン認識の専門家、モバイルソフトウェアデベロッパー、商品販売マーケティング担当者、カメラハードウェア専門家によって設立された。チームは現在10名を超えている。
SmartPeepはシンガポールやマレーシアで複数の賞を受賞しており、The Edge Singapore、Oriental Daily News Malaysia、KrAsiaなどのメディアにも取り上げられている。SmartPeepはこれまでにアクセラレーターやエンジェル投資家よりUS$400,000以上もの資金を調達している。

企業詳細はこちら→