Ampotech develops internet of things (IoT) hardware and AI-enabled software to help businesses collect, analyze, and integrate electricity usage data from the built environment to deliver intelligent solutions and services. Launched in 2015 and headquartered in Singapore, Ampotech is supported by investors from the electronics, telecommunications, and deep tech sectors, with customers throughout the Asia Pacific region in industries such as energy & facility services, commercial real estate, manufacturing, and utilities.

WILLIAM GLASMANN TEMPLE
CEO

Nominated by

SENIOR DIRECTOR,
JETRO Singapore
Ampotech社はオフィスビル、工場や住宅などの電力消費をコントロールするソリューションを提供しており、電力消費を抑えることでカーボンニュートラルに貢献できる可能性が高い。
今年シンガポール国際商工会議所(SICC)主催のオープンイノベーションプロジェクトで「Most Scalable Collaboration」部門のファイナリストに選出され、また、昨年は協業相手のInfineon Technologiesとともに、Best Green Collaboration賞を受賞している。 同社は建築環境からの電力使用データの収集と分析に強みがあり、同社の製品は、Non-Invasiveなセンシング技術を用いて、施設内の特定のスペースや機器ごとのエネルギー使用量データをリアルタイムで把握できる。サービス開始以来、商業施設や工場などの省エネ対策の問題点の特定や、電力の節約のために価値を発揮している。
同社のソリューションは、スマートビルディング、スマートホーム、スマートインダストリーなどの様々な領域をカバーしており、コーポレイトとの協業も期待でき、スケーラビリティが高い。