開催概要

日時 2017年10月25日~27日の3日間
会場 柏の葉オープンイノベーションラボ[KOIL] および 柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県・柏の葉キャンパス)
主催 アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
共催 三井不動産株式会社
国立大学法人東京大学産学協創推進本部
一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
公用語 英語

審査方法

(1)セミファイナル、ファイナルにおいて各企業がプレゼンテーションを実施。
(2)セミファイナルではエントリー企業がそれぞれ10分間のプレゼンテーションを行い、上位6社がファイナルに進出。
(3)ファイナルでは10分間のプレゼンテーションを行い、公正な審査のうえ各賞受賞者を選出。


審査基準

(1)事業の革新性/経済的・社会的影響力 (世界経済・社会に変革をもたらす可能性、事業の拡張性)
(2)事業の実行力 (競争優位性、マネジメントチーム、戦略の全体整合性、プレゼンテーションスキルを含むコミュニケーション能力)


各賞の内容

優勝賞金 100万円
準優勝賞金 50万円
第3位賞金 30万円

このほか、優勝、準優勝、第3位の各社へは、31VENTURES賞が授与されます。

31VENTURES賞:三井不動産が運営する31VENTURESオフィスのコワーキングスペース使い放題プランを2年間3名様に進呈


参加ベンチャー企業要件

下記の要件をすべて満たすこと。
(1) テクノロジーベンチャー企業であること。
(2) POC(Proof of Concept)を終えており、具体的な顧客像に対しプロトタイプ、製品サンプル、モックアップ等でコミュニケーションをとることができる、アーリー期のステージにあること。
-設立年数および資本金額は問わない。
-VCによる増資を検討中あるいは増資済でも可とするが上場済の企業は不可。また大手企業の子会社は不可。
(3) 日本の大手企業やVCとのタイアップなど、日本でのビジネス展開に具体的に興味があること。
(4) 大学や研究機関、インキュベーション施設などにおけるベンチャー企業育成の責任者から推薦があること。
(5) 参加ベンチャー企業、および推薦者が、2017年10月25日~27日のすべてのプログラムに終日参加可能なこと。


AEA2017の魅力

Point1:

参加全企業が、日本での事業展開に関心があります。

AEA2017では「日本の大手企業やVCとのタイアップなど、日本でのビジネス展開に具体的に興味があること」を必須の参加要件としています。

 

 

 

 

Point2:

過去参加企業全113社に、参加を呼びかけています。

AEA2017では、AEA Alumniとしてこれまでの参加企業全113社に対して参加を呼びかけているため、成長した各社に出会える可能性があります。

 

 

 

 

Point3:

ILS (INNOVATION LEADERS SUMMIT) 2017と連携し、マッチングを加速させます。

AEA2017では、日本最大のベンチャー企業×大手企業のマッチングイベントILSと公式に連携し、スピード感と技術力に優れたアジア各国のベンチャー企業をご紹介します。