ViSenzeは、小売業者向けのビジュアルコマースと企業向けの画像認識の能力を大幅に高めます。
当社は、特許技術のコンピュータービジョンと深層機械学習テクノロジーをベースに、高度に最適化されたエンタープライズ用ビジュアルソリューションを小売業者向けに作成しています。このソリューションは、消費者が画像だけを使って欲しい製品を検索・発見する際の手順を簡略化できます。現在、ユニクロ、Sears(シアーズ)、H&Mなどの大手小売り業者は、自社のショッピングプラットフォーム上での検索体験を改善するためにViSenzeを使用しています。また、楽天市場、ASOS、アディダスといった主要なショッピングサイトもViSenzeを使用し、UGCコンテンツを即座に製品検索機会に変換することで顧客転換率を押し上げています。Singapore Press Holdings(シンガポール・プレス・ホールディングス)などのメディア企業は、ViSenzeの画像認識ソリューションを使ってあらゆる画像や映像を顧客エンゲージメントに変換し、新規の売り上げや売り上げ増加にさらに弾みを付けています。Web起業家とコンピュータービジョンの科学者集団によって2012年にシンガポール国立大学から独立したViSenzeは、ビジュアルな世界を検索・発見する方法を簡素化することを企業使命に掲げています。同社は楽天とWI Harper(WI ハーパー)からのベンチャーキャピタルと、MasterCardの公式サポートを受けています。
ViSenzeは、2015年にはシンガポールで最も有望なスタートアップ企業として、2017年にはVenturebeatによって注目すべき勤勉な企業5社として評価され、また2017年のInterbrand(インターブランド)ブレイクスルーブランド(Interbrand Breakthrough Brand)にも指名されました。

OLIVER TAN
CEO and Co-founder

Nominated by

Director, Ecosystem Development (Incubation) / National University of Singapore (NUS) Enterprise
ViSenseは実行力のあるビジネス・エコシステムから資金調達を受けている企業です。このスタートアップ企業は大学で開発された技術を最終消費者に役立つような形に応用しています。同社はこの技術を駆使し、製品検索を簡素化して従来のビジュアル検索カテゴリを破壊することで、消費者行動を変換します。 ViSenzeは大学教授や業界の起業家とのパートナー提携によって設立されました。 2012年の創業以来、ViSenzeは次に挙げる多様な手段を通じて着実に成果を上げてきました。 ・製品提供—持続的なR&Dと技術向上を通じて実現 ・市場アクセス—主要市場を獲得するためにシンガポール国外にも進出 ・チームと人材—理にかなった人材研修と管理によって育成した才能豊かな人材を揃え、強いチームに成長。 同社製品は商業的に実現可能であるだけではなく、オンライン小売業の世界にリアルさと強いインパクトを与えます。また、地理的な拡大とクライアント数の増加を実現できる優れた能力も持ち合わせています。設立当初から変わらない同社の有能な経営陣は、単なるビジネスではなく、企業のビジョンをサポートする人材を育てることに熱心に取り組んでいます。さらに、ViSenzeは近いうちに日本市場への進出を計画しており、今回アジア・アントレプレナーシップ・アワードを機に名が知られることは、同社に大きなメリットをもたらすでしょう。