エルピクセル株式会社

東京大学発のスタートアップ企業、LPixelはライフサイエンス領域の画像データに特化した高度画像解析ソフトウェア技術の業界リーダーです。当社は東京大学の同じ研究室のメンバー3名によって2014年3月に設立されました。2000年の研究室の発足以来、この研究室は生物科学における画像解析技術を牽引しています。イメージング技術とライフサイエンス領域の専門知識を融合することによって、LPixelはライフサイエンスの画像に特化したクラウド型画像解析プラットフォームを開発しました。また、当社独自のAI技術を利用して、がんや病気の検出を目的とした医療画像診断支援システムを発展させています。さらに、ライフサイエンス分野の学術論文に使用されている画像に、カット・アンド・ペーストなどの不自然な画像処理が施された形跡がないかを検出する製品も提供しています。当社はImPACTやCRESTといった複数の主要な国家プロジェクトにも参画し、中核的な画像解析技術の発展を支援しています。

YUKI SHIMAHARA
CEO

Nominated by

Project Professor / The University of Tokyo
LPixelのエンジニアリングチームはきわめて有能であり、ライフサイエンス領域における解析画像データに特に焦点を絞った高度画像解析技術を開発しています。同社は自社開発のアルゴリズムと機械学習を基盤とした、ライフサイエンス領域の画像処理に特化した画像解析ソフトウェアやサービスを提供しています。彼らの初期の製品は医療、製薬、農業などのライフサイエンス分野の研究者を対象にしたものですが、最終的な目標は独自の機械学習技術を医療診断に活用することです。人工知能(AI)ベースの医療画像診断支援システムを使えば、読影技術に長けた医師に頼ることなく、CTやMRIや内視鏡などのさまざまな医療画像から正確にがんや病気を検出できます。日本には膨大な医療画像データが存在し、他の国々と比べて画像診断機器も普及しています。LPixelは日本企業であることの優位性を生かしてAIベースの医療診断システムのグローバルリーダーになるのに有利な位置にいます。